現在発売されて間もないにも関わらず大きな反響を呼んでいるブライトエイジですが、その販売元には大手製薬会社でCMでもおなじみの第一三共があります。

胃腸薬やロキソニンなどの製薬会社が美容品?と疑問に思う方も多いかもしれません。

個人的には本を選ぶ時に一番参考にするのですが、販売する会社の詳細は販売する商品に大きく関わる重要な情報だと思います。

販売する会社が不安な会社だと商品自体も不安に思えてならないですよね。

そこで今回は販売元である第一三共についてご紹介します。

引用:https://www.pakutaso.com/20150924273post-6127.html

第一三共の歩いてきた歴史は?

引用:http://www.daiichisankyo.co.jp/corporate/about/history/sankyo.html#timeline-nav

ものを知るにはその歴史を知ることが一番有効でしょう。

現在でも温故知新という言葉は広く使われており、このことからも歴史を知ることは会社を知ることにとって大切なプロセスと言えます。

そもそも第一三共は元は三共株式会社と第一製薬の別々の会社でした。

引用:http://www.daiichisankyo.co.jp/corporate/about/history/sankyo.html#timeline-nav

2つの会社の歴史は古く、三共株式会社の元となる三共商店は1899年に、第一製薬の元となるアーセミン紹介は1915年に設立されています。

どちらも日本の王手製薬会社として日本経済と消費者の健康を支えてきましたが、2015年に合併し第一三共株式会社としての歩みを始めたのです。

引用:http://www.daiichisankyo.co.jp/corporate/about/history/index.html#timeline-nav

第一三共となってからの歩みについては、皆さんもテレビのコマーシャルなどで毎日目にしていると思いますが、ロキソニンやルルなど風邪薬や胃薬などを展開し業界でもトップクラスのシェアーを誇っています。

他にも第一製薬時代からシミやそばかすに有効な美容商品、育毛剤を手がけてきたところもしっかりと受け継がれ、今でもカロヤンやトランシーノといった美容系の商品も多く存在します。

ですので第一三共が美容商品を取り扱っていてもあまり違和感がないことなのかもしれません。

第一三共はどんな会社なの?

引用:http://www.daiichisankyo.co.jp/corporate/about/slogan/index.html

第一三共がどのような会社か歴史を簡単に理解した次には今の第一三共について知る必要があるでしょう。

第一三共が掲げる経営理念(会社が目指す姿)には、以下のような文章が使われています。

革新的医薬品を継続的に創出し、多様な医療ニーズに応える医薬品を提供することで、世界中の人々の健康で豊かな生活に貢献する。

これでもわかりますが、もっと簡単に噛み砕くと『消費者があっと驚き、必要とする商品と作り続け豊かなライフワークのサポートをします』といったところでしょう。

スローガンにも以下のようなものが選ばれており、消費者目線で新たな技術を生み出す姿勢が現れていると言えます。

引用:http://www.daiichisankyo.co.jp/corporate/about/slogan/index.html

第一三共自体が現在力を入れている事業に、がんに有効な医療品開発があり、2025年までのビジョンとして『がんに強みを持つ先進的グローバル創薬企業』が存在します。

そんな第一三共ですので、商品に関しては今までに内容は成分レベルで効果的な消費者目線の美容品が期待できそうですね。

余談として第一三共のブランドマークには以下のような意味を持っているようで、デザイン1つからここまでしっかりとした意思を持って会社が作り上げられていることに関心します。

・図形

全体の円形は、神秘的な生命の輝きを感じさせる美しい地球を表しており、上部の優しい形は柔軟な知性と創造性を、下部のしっかりした大きな円弧は信頼感と使命感を表しています。
両手で包み込まれたような白い空間はいきいきとした生命を表していると同時に「命の大切さ」と「いとおしさ」を意味しています。

・ブランドカラー

ブランドカラーのブルーはこれまで培われてきた製薬会社の「信頼性・使命感・責任感」を、黄色から緑の階調は生命のいきいきさを表すと同時に独自の研究による「創薬」をも意味しています。

・社名ロゴタイプ

社名のロゴタイプは、大文字と小文字を組み合わせ、企業の包容力と優しさ、あたたかみを表現しています。

製薬会社が化粧品?

引用:https://www.pakutaso.com/20150100008post-5029.html

ここまで第一三共の歴史や主な事業内容に関して説明しましたが、製薬会社が基礎化粧品を作って化粧品会社の商品より優れていることなんてあるの?と疑問に感じる方も多いと思います。

しかしながら第一三共には知っている方も多かもしれませんが、トランシーノブランドでメディカル美容品以外にクリームなどをはじめとする基礎化粧品の取り扱いしており、その効果は古くから多くのユーザにより実証済みです。

特にトランシーノの美容パックに関しては2014年度の@cosmeにおけるベストコスメアワード第2位と堂々の結果を誇ります。

引用:http://www.cosme.net/product/product_id/10074707/top

評価に関しましても、発売以来多くの口コミが寄せられその評価も高得点となっています。

そんな実績と評判を有する第一三共のライン化粧品ですので、期待せずにはいられないでしょう。

ブライトエイジに期待できる効果とは?

引用:https://www.pakutaso.com/20141050295post-4740.html

第一三共に関しては充分に理解できたかと思いますが、肝心のブライトエイジはどんな商品となっているのでしょうか?

最後に簡単な商品紹介で締めとしたいと思います。

ブライトエイジは名前の通り、年齢に負けない輝きを提供するといった商品となっており、注目の成分となる第一三共オリジナルのトラネキサム酸が配合されるなど高いアンチエイジング効果が期待できます。

トラネキサム酸の主な効能に関しては炎症を抑える効果が期待でき、この炎症が肌に蓄積されることで年齢による肌トラブルは起こるのです。

その根本の改善防止に期待でき、尚且つメラニンの生成を抑える効果も期待できるので美白にも効果を発揮する優れもの。

使い心地もよく幅広いユーザーにオススメできる商品となっているのが特徴ですね。

まとめ

第一三共とブライトエイジに関してご紹介しましたが、いかがでしたか?

第一三共のイメージが大きく変わった方もいるのではないでしょうか?

実際に私個人としても第一三共は胃腸薬のイメーシしかなかったので、初めてブライトエイジを知った際には驚いたのを覚えています。

そんなブライトエイジですが、現在お得な価格でトライアルパックを購入できるキャンペーンをやっているみたいですので、気になっている方は是非利用してみてはいかがでしょうか?