日中、私たちの肌はさまざまな刺激に侵されているってご存知でしたか?

今回は、日中の外的要因によって引き起こされる肌トラブルについて

そして、そんな肌トラブルに打ち勝つために活用できるブライトエイジ(BRIGHTAGE)についてご紹介していきます!

日中の外的要因って?

日中の外的要因とは一体何なのか、いまいちピンとこない方も多いのではないでしょうか?

外的要因として挙げられる主な種類をご紹介していきます。

■紫外線

まず一つ目は、シミやそばかすといった症状を引き起こす原因として有名な紫外線す。

紫外線の中にも種類があり、大きく2つに分けることができます。

  • 紫外線A波(UVA)

【特徴】雲に限らず窓ガラスまで通過してくる波長が長い紫外線です。

そんな、紫外線A波は肌の奥にある真皮にまでダメージを及ぼしてしまう力があります。

【症状】シミ・シワ・たるみ

紫外線A波によって引き起こされる症状を総称して「光老化」と呼んでいます。

年齢とともに現れる肌トラブルには、この光老化が該当すると言われています。。

  • 紫外線B波(UVB)

【特徴】紫外線B波は、紫外線A波に比べて波長が短いのが特徴的です。

そのため、真皮までにダメージは伝わらず表面に出ている皮膚に刺激を与えます。

【症状】紫外線B波にみられる症状は、日焼けによってできるシミがあります。

この紫外線B波の被害を受けてしまう人の特徴として「アウトドアが好き」「紫外線予防をあまりしない」といった人物像が挙げられます。

■乾燥

次は乾燥です。

この乾燥には

  • エアコンや空調による乾燥
  • 季節によって引き起こされる空気の乾燥

といいたものが挙げられます。

この乾燥の影響を受けやすい部分が皮膚の薄い場所、です。

化粧のノリが悪くなったり、ヒリヒリするといった症状が多く見受けられます。

■空気中に舞う様々な物質

空気中には、チリほこりといった目に見えない小さな物質が飛び交っています。

これらの物質によって肌が刺激され、肌内部に炎症が引き起こされてしまう場合があります。

空気中に舞う様々な物質を防ぐには、目に見えていないからこそ対策が難しいですよね。

■スキンケア時の摩擦

最後に挙げられる外的要因は、スキンケア時の摩擦です。

普段、顔をどんな風に洗っていますか?

汚れを落とそうとゴシゴシ洗っている場合は危険です!

洗顔に限らず、摩擦によるダメージには顔にふれるタオル寝具といったものも関係してきます。

大したことがないと感じるわずかな摩擦でも、肌内部では小さな炎症が摩擦の度に引き起こされていることがあります。

この小さな炎症が積み重なることで、老後の肌質にまで影響を及ぼしてしまうんですね。

朝と夜ではスキンケアの意味合いが異なる!?

朝と夜に同じスキンケアを行っていませんか?

朝と夜ではスキンケア対する意味合いが異なってくるんです。

ぜひ、一度チェックしてみてください。

朝は【肌を守る】

朝のスキンケアは、先ほどご紹介した日中の外的要因を防ぐために肌を守るスキンケアが必要になります。

そのため、肌のバリアを高める基礎化粧品を使用するのがおすすめです。

また「ちょっとそこまで」といった外出でも、肌に何も塗らずに出かけるのは危険です。

肌を守るために、しっかりとガードを固めてからお出かけしてみてください♪

夜は【肌を休める】

夜のスキンケアは、日中に受けたダメージを回復するスキンケアが望ましいとされています。

そのため、夜のスキンケアではダメージを回復させる美容成分が含まれた基礎化粧品を使用するのがおすすめです。

ちなみに、私たちの肌は22時から2時の間にダメージの修復・再生が行われると言われています。

この時間帯を「ゴールデンタイム」と呼び、しっかりと睡眠をとって翌日の外的要因から守る肌作りをすることが大切です。

また、翌朝の化粧ノリが悪いといったトラブルは、夜に行われるスキンケア不足が関係しているとも言われているんですよ。

ブライトエイジ(BRIGHTAGE)なら外的要因に打ち勝てるかも!

と、ここで!

エイジングケアの効果が話題を呼んでいるブライトエイジ(BRIGHTAGE)という基礎化粧品をご存知ですか?

引用元:http://petit-mall.jp/cosmesearch/archives/10565

この、ブライトエイジ(BRIGHTAGE)には、日中の外的要因に打ち勝つための嬉しい成分が豊富に含まれているんです!

ぜひ、参考にしてみてください♪

ブライトエイジ(BRIGHTAGE)の成分とその効果について

■外的要因から受けた炎症を抑える有効成分

ブライトエイジ(BRIGHTAGE)には

  • クレンジングと洗顔に含まれている「グリチルレチン酸ステアリル
  • 化粧水と乳液状美容液に含まれている「トラネキサム酸

抗炎症作用効果が期待できる2種類の成分がそれぞれのアイテム配合されています。

そのため、日中に受けた外的要因によって引き起こされる炎症を鎮めてくれる役割があります。

特に、化粧水と乳液状美容液に配合されている「トラネキサム酸」は、加齢とともに訪れる様々な肌トラブルの原因「年齢肌炎症」をブロックするために製造された第一三共ヘルスケアのオリジナル成分となっているんです!

炎症を抑えるために特化した成分が含まれているというだけでも、外的要因から肌をしっかりと守れるような気がしてきますよね。

■肌へ潤いを与える9つの保湿成分

そして、ブライトエイジ(BRIGHTAGE)には肌に潤いを与える高い保湿作用をもった成分が豊富に含まれています。

  • NMFの主成分「アミノ酸ミックス」
  • 細胞間脂質の主成分「セラミドミックス」
  • コラーゲン同士を結びつける「マリンエラスチン」
  • コラーゲンヒアルロン酸の生産を促進する「コラーゲン・トリペプチド F」
  • 肌の健康を維持するミネラルが豊富な「ヒバマタ」
  • ビタミンCの働きを助ける「パンテチン」
  • 保湿成分がヒアルロン酸に等しいといわれる「イシゲエキス」
  • 毛穴ケアにも効果が期待できる「アーティチョークエキス」
  • 砂漠の中でも花を咲かす水分保持力をもつ「ミロタムヌス」

保湿には、肌本来の働きを促す効果があります。

肌本来の働きが促されていくと

  • シミやそばかすといったメラニンを排出してくれるターンオーバーの正常化
  • 若々しい肌を生み出すのに必要な弾力やハリを保つ
  • 皮脂の分泌を正常化させて毛穴の目立ちを抑える

などといった健康的な肌へと導く効果が期待できます。

ブライトエイジ(BRIGHTAGE)には製薬会社ならではの技術も!

ブライトエイジ(BRIGHTAGE)シリーズの中でも、乳液状美容液には肌に嬉しい成分を配合しているだけではなく、製薬会社ならではの技術が豊富に盛り込まれています。

■ハリ・美白・高保湿の3つを兼ね備えた「トラネキバリア」

  • ハリコラーゲン・トリペプチド Fやパンテチンなどの成分を含んだ「リフティングフォース
  • 美白:メラニンの生成を抑える「トラネキホワイト
  • 高保湿:角質層にまで潤いをもたらし保持する力を高める「セラミドアミノ

肌トラブルの3大要因に働きかけるトラネキバリアは、ブライトエイジ(BRIGHTAGE)の乳液状美容液にぎゅっと詰め込まれており、スキンケア最後の工程にふさわしい内容となっているんです!

■角質層にまで美容成分を届ける「ナノフィーユミセル」

ナノサイズのミセルとは、ミルフィーユ状に構成された美容成分をナノサイズにまで小さくさせたミセルのことを言います。

この、ナノサイズのミセルの特徴は、肌にのせると同時にバラバラと崩れ肌奥深くにまで美容成分を届けてくれるんです。

■肌のうるおいを閉じ込める「3Dストレッチネット」

3Dストレッチネットには、これまで肌に吸収させてきた美容成分をクロス上のバリアで閉じ込める特徴があります。

さらには、閉じ込めた後に肌をきゅっと引き締め自然なハリをもたらしてくれます。

まとめ

いかがでしたか?

日中の外的要因には、細かく見ていくと書き起こしきれない程のものがあります。

「ひとつひとつ探っては防御して…」

気を張っていては疲れてしまいますよね。

そんなときに活用してほしいのが、基礎化粧品「ブライトエイジ(BRIGHTAGE)」です。

引用元:http://usapyonpyon.blog.so-net.ne.jp/2017-05-16

ブライトエイジ(BRIGHTAGE)では肌内部に潜む肌トラブルの原因を解消しつつ健康的な肌へと導くことが期待できます。

ぜひ、ご興味のある方は公式サイトを覗いてみてくださいね♪