年齢と共に気になり始める「乾燥肌

そんな乾燥肌を解決するために、肌の構造から原因、そして効果的なアプローチをかけてくれるブライトエイジ(BRIGHTAGE)の保湿力についてご紹介していきます!

まずは、肌の構造を理解してみよう!

乾燥の原因を突き詰める前に、まずは肌の構造についてご紹介していきます。

肌の構造がどんな風になっているのかを知るだけで保湿に対する考え方が少し変わってくるのではないでしょうか。

一番上にある【皮脂膜】

水分を保持率:約2%

肌の一番上に位置する皮脂膜は「天然のクリームとも呼ばれており、皮脂が交じり合ってできています。

汗と皮脂が交じり合っていると聞くと肌トラブルを回避するためにも綺麗に洗い落としたくなりますよね。

ですが、皮脂膜は健康的な肌を保つのに欠かせない存在なんです!

引用元:http://www.skincare-univ.com/article/000003/

そんな皮脂膜の役割について見ていきましょう。

皮脂膜には

  • 水分の蒸発を防ぐ
  • 摩擦抵抗を減らす
  • 弱酸性を保ち菌の繁殖を抑える

と、このように重要な役割を担っています。

ですが、皮脂の量が多すぎたり少なすぎてしまうと

  • ニキビができやすくなる
  • 肌が荒れやすくなる
  • 乾燥が目立ち始める
  • 角質細胞内にある

といった肌トラブルを招きやすくなる特徴があります。

角質細胞内の水分を保持する【NMF(天然保湿因子)】

水分を保持率:約18%

NMFとは「Natural Moisturizing Factor」の略になり、

  • 水分の吸収力が高い
  • 角質細胞内の水分を保つ

といった特徴があります。

引用元:http://truehealth-jp.com/1270

そのため、NMFまでしっかり潤うことでハリ・弾力のある肌を維持していくことができます。

角質細胞同士の隙間を埋めている【細胞間脂質】

水分を保持率:約80%

細胞間脂質とは、角質細胞の間を埋めている部分になり

  • 水分を保持している「親水基」
  • 脂質としての性質をもつ「親油基」

の2つによって構成されています。

引用元:http://www.skincare-univ.com/article/000003/

これら2つが綺麗に整っている状態を脂質二重層状構造(ラメラ構造)と言い、肌の水分を維持し、さらに外部からの刺激を和らげる役割をもっています。

なんで肌は乾燥する?考えられる原因4つ

肌の構造が把握できたら、次に肌が乾燥してしまう主な原因について見ていきましょう!

■1:肌に刺激を与えるスキンケアをしている

肌に刺激を与えるスキンケアには、以下のようなことが挙げられます。

自身のスキンケア方法が該当しているかチェックしてみてください。

  • ふき取りクレンジングや化粧水を使用している
  • クレンジングや洗顔時に指でゴシゴシしている
  • 化粧水をなじませる時に過度なパッティングを行っている
  • 顔のマッサージをよく行っている

これらのスキンケア方法に共通することは「擦りすぎ」や「力のいれすぎがあります。

肌に過度な摩擦を与えてしまうと、角質層にまで刺激が伝わり傷つけてしまう恐れがあります。

さらに、「洗いすぎ」も肌へ刺激を与える要因の一つとなっています。

洗顔の理想的な回数は朝と夜の2回と言われています。

また、洗顔時のお湯の温度にも注意が必要です。

お湯の温度が高すぎてしまうと、肌に必要な皮脂まで落としてしまう恐れがあります。

■2:食事バランスが乱れている

肌トラブルの改善策として用いられるものの中には、基礎化粧品の見直しや薬の服用といったものが多く挙げられますが、普段から口にする食生活のバランスも大切です。

栄養バランスが乱れた食事をとり続けていると、肌に必要な栄養が不足し乾燥に限らず、綺麗な肌を保つために必要なターンオーバーの乱れにも影響を及ぼしてしまいます。

少しでも肌質を向上させていくためには、以下のような栄養素が不足しないように食事バランスを整えてみるのがおすすめです!

  • 肌の生まれ変わりを促す「タンパク質」
  • 細胞膜の主成分でもある「必須脂肪酸(オメガ系)」
  • 肌や髪の毛、爪の健康を維持する「亜鉛(ミネラル)」
  • 肌のバリア機能を高める「ビタミン類」

■3:生活習慣が乱れている

普段、どのような生活を送っているかによっても乾燥になりやすい肌、健康的な肌へと分かれてしまいます。

下記当てはまるものがないかチェックしてみてください。

引用元:https://kenko-chokin.com/lifestyle/sleep/10993

  • 睡眠不足:成長ホルモンの分泌が低下してしまう
  • 乾燥した空間:肌の水分が失われやすくなる
  • 熱めお湯につかる入浴法:角質層がふやけて水分が流出しやすくなる
  • 肌触りの悪い衣類など:肌に刺激を与えてしまう

■4:皮膚疾患によるもの

最後にご紹介する原因は、皮膚疾患によるものです。

皮膚疾患とは、アトピー性皮膚炎等の症状が現れている状態のことをいいます。

これらの症状は個人での対処が難しいため、正確な治療を行ってもらえる皮膚科を受診しましょう。

ブライトエイジ(BRIGHTAGE)の保湿力は乾燥肌にも効果的!

ここまで乾燥肌についてご紹介しきましたが、そんな乾燥肌に悩まれている方におすすめな基礎化粧品があります!

それがブライトエイジ(BRIGHTAGE)です。

ロキソニン等の薬を開発・製造している第一三共ヘルスケアが手掛けているため、商品に対する安心感信頼度が高く、近年多くの方から注目を集めている話題の商品です。

そんなブライトエイジ(BRIGHTAGE)には、9種類もの保湿成分が含まれているため乾燥に悩む肌を良い方向へと導いてくれます。

  • NMFの主成分アミノ酸ミックス
  • ②細胞間脂質の主成分「セラミドミックス
  • ③コラーゲン同士を結びつけるマリンエラスチン
  • ④コラーゲンヒアルロン酸の生産を促進するコラーゲン・トリペプチド F
  • 肌の健康を維持するミネラルが豊富なヒバマタ
  • ⑥ビタミンCの働きを助けるパンテチン
  • ⑦保湿成分がヒアルロン酸に等しいといわれるイシゲエキス
  • ⑧毛穴ケアにも効果が期待できるアーティチョークエキス
  • 砂漠の中でも花を咲かす水分保持力をもつミロタムヌス

乾燥肌に嬉しいブライトエイジ(BRIGHTAGE)の魅力!

ブライトエイジ(BRIGHTAGE)には、保湿成分に限らず製薬会社ならではの技術が盛り込まれています。

奥まで浸透する「ナノフィーユミセル」

ナノフィーユミセルとは、ミルフィーユのように構成された美容成分をナノサイズしたミセルのことを言います。

このナノフィーユミセルは肌にのせることによってバラバラに崩れ肌の奥深くにまで美容成分を届けることができます。

潤いをしっかり守る「3Dストレッチネット」

3Dストレッチネットは、肌に浸透した成分を外に逃がさないようにクロス状にバリアを張る役目があります。

さらに、肌をピンっと引っ張ってくれるため、みずみずしさを保ちながらハリのある肌へと導いてくれます。

まとめ

いかがでしたか?

肌を潤すには、角質層にまで浸透する化粧品を選ぶことが重要であることが分かりましたね!

さらに、スキンケアに限らず日ごろの生活や食事を見直すことで乾燥しにくい肌へと導くこともできます。

25歳はお肌の曲がり角」と言われるように、少しずつ肌内部のバランスが崩れていきやすくなります。

そんな悩める肌トラブルを改善していく際には、ぜひブライトエイジ(BRIGHTAGE)を使用されてみてはいかがでしょうか。

ブライトエイジ(BRIGHTAGE)では、初めてでも利用しやすい10日間トライアルキット1,400円(税込み)と、お手頃な価格で販売しています!

ブライトエイジ(BRIGHTAGE)に興味が湧いてきた!」という方は、ぜひ公式サイトを覗いてみてください♪