若いころのきめ細かい肌に比べると歳を重ねるにつれて毛穴の開きが目立ち始めてきませんか?

そんな、毛穴トラブルにブライトエイジ(BRIGHTAGE)が効果的であることが話題となっています!

実際にどんな効果をもたらしてくれるのかを、毛穴トラブルの原因や種類を交えながらご紹介していきます。

毛穴トラブルの種類は大きく4つに分かれる

一概に毛穴が広がると言っても、毛穴トラブルは大きく4つのタイプに分けることができます。

どんな毛穴トラブルに悩まれているか一度整理してみましょう!

■①黒ずみが目立つ【汚れ詰まり毛穴】

汚れ詰まり毛穴とは、正常に分泌されるはずだった皮脂が古い角質に絡まり角栓として溜まってしまった状態のことを言います。

この角栓によって毛穴が徐々に開いていきます。

そして、さらには角栓が酸化し黒くなっていきます。

「汚れ詰まり毛穴」のケア方法は、ターンオーバーを整え不要なメラニンを排出してあげることが大切です。

■②毛穴が楕円形になる【たるみ毛穴】

老化によってみられる毛穴トラブルの一つになります。

名前の通り「たるみ毛穴」は、肌のたるみと共に毛穴が下に引っ張られ広がっていく状態のことを言います。

「たるみ毛穴」のケア方法は、肌のハリや弾力を蘇らすことが大切です。

■③たるみ毛穴の進行形【帯状毛穴】

帯状毛穴とは、開いた毛穴が繋がってしまう状態のことを言います。

開いた毛穴が繋がると小シワに交じり、徐々に大きなシワとして目立つ存在になっていまします。

帯状毛穴のケア方法は難しく、綺麗に治すには皮膚科等の医療機関を受診されることをおすすめします。

■④新陳代謝の低下が影響している【ニキビ毛穴】

ニキビ毛穴とは一般的に「クレーター毛穴」とも呼ばれています。

クレーターのように凸凹としてしまった毛穴は、肌の真皮を傷つけてしまっている場合が多いため、セルフケアでは治すことができません。

そのため、帯状毛穴と同じく皮膚科等の医療機関を受診されることをおすすめします。

毛穴トラブルの根本的な原因とは?

では、毛穴トラブルを招く根本的な原因には何があるのでしょうか。

詳しく見ていきましょう!

必要以上に分泌される皮脂によって

毛穴から分泌されていく「皮脂」

この皮脂の分泌が過剰になることで毛穴が広がってしまいます。

さらに、過剰に分泌された皮脂は古い角質と絡まり合い毛穴をふさいでしまうことも…。

これが角栓です。

角栓は酸化すると黒く変色していくため、ツブツブとしたイチゴ肌になるだけではなく肌のトーンを落としてしまいます。

肌のたるみによって

肌の内部には、ヒアルロン酸やコラーゲンなどの美容成分によってハリや弾力を保っています。

ですが、この美容成分は加齢とともに減少…。

徐々に肌が重力に逆らえず「たるみ」を生み出ししまいます。

肌がたるんでいくと、丸い毛穴が下に引っ張られ楕円形のような形に変形していってしまいます。

さらに、このとき皮脂や汚れによって大きく開いていた毛穴は、さらに大きく目立つ存在になってしまいます。

ニキビに刺激を与えることによって

ぷつっとニキビができると無意識に潰してしまう方も多いのではないでしょうか。

この潰す」行為毛穴トラブルを招く鍵となってしまいます。

ニキビを潰すと毛穴は開いた状態が続き、なかなか修復されないまま凸凹とした状態に変形していってしまうことがあります。

毛穴トラブルに効果的な改善方法とは?

では、これらの毛穴トラブルを改善するには何をすればよいのでしょうか。

3つのポイントに絞ってご紹介していきます。

point①正しいスキンケア(洗顔と保湿)を行う

まず、大事なのが汚れを落とす際の「洗顔」です。

肌についた不要な物質を落とすために、念入りに洗うことが良いのですが洗い方によっては毛穴を広げてしまうことがあります。

その問題の洗い方が「力を込めてゴシゴシと肌に刺激を与えながら洗う」です。

このような洗い方は、毛穴トラブルに限らずさまざまな肌トラブルを招く恐れがあります。

そのため、きめ細かい泡を指の腹で泡のクッションを利用しながら優しく洗うように心がけてみましょう!

そして次に大切なのことが「保湿」です。

ニキビができやすい時期になると、ついペタペタになる保湿を避けてしまいがちですが、保湿をしっかりと行わずにいると余計に皮脂を分泌させてしまいます。

化粧水や乳液、美容液といった基礎化粧品には、肌に必要な潤いを与えるだけではなく肌の調子を整える効果があります。

そのため、毛穴詰まりの原因ともなる皮脂の過剰分泌を抑える効果も期待できるんです。

「保湿を避けてきた!」という方はぜひ、これを機に基礎化粧品の使い方を見直し見てはいかがでしょうか。

point②食事の栄養バランスを整える

毛穴トラブルの改善には、体の内側からのアプローチも重要になってきます。

どんなに肌の表面を整えても、内側からでてくる皮脂や汗に含まれる老廃物を考慮しなくては、肌の調子が整いにくく毛穴が広がってしまいます。

そのため、日ごろからお酒・たばこを摂取している方栄養バランスが崩れた食事をとられている方は、一度食生活を見直してみましょう!

point③ストレス負担を和らげる

過度なストレスは、肌に限らずホルモンバランスや交感神経の働きを鈍らせてしまうことがあります。

すると、代謝機能が徐々に弱まり肌に必要な栄養素が不足してしまうことも…。

ストレスを感じている場合は、自分にあったリフレッシュ法を試してみるのがおすすめです。

ブライトエイジ(BRIGHTAGE)は毛穴ケアにも効果が期待できる!

と、ここで!

悩める毛穴トラブルに効果的な話題の基礎化粧品があるんです!

それが「ブライトエイジ(BRIGHTAGE)」です。

一体どんな成分が毛穴トラブルに効果をもたらすのか見ていきましょう!

毛穴ケアで注目される「アーティチョークエキス」を配合

フランス料理などで用いられることが多いアーティチョーク

このアーティチョークから抽出したエキスには、毛穴トラブルに効果的な成分が含まれています。

それが「シナロピクリン」です。

シナロピクリンには、メラニン細胞の増加抑制に加えて肌の弾力低下を抑える働きがあります。

余分な皮脂を吸着させる「ヒドロキシアパタイト」を配合

ブライトエイジ(BRIGHTAGE)の洗顔では、余分な皮脂を吸着するヒドロキシアパタイトが配合されています。

そのため、皮脂が過剰分泌されてしまった肌も不要な物質をまとめて綺麗に洗い落とすことができるのではないでしょうか。

健康的な肌へと導く豊富な保湿成分を配合

メラニン色素が沈着してしまった黒ずみ毛穴にはターンオーバーの正常化。

たるみによって開いた毛穴にはハリや弾力性をよみがえらせる必要があります。

これらの改善方法に共通して言えるのが「保湿」です。

肌の奥深くまで潤すことで肌の機能が正常に働きだし、ハリや弾力を感じられるだけではなく、健康的な肌へと導くことができます。

そのためには、高保湿成分が配合された基礎化粧品が必要ですよね!

ブライトエイジ(BRIGHTAGE)では

  • NMFの主成分「アミノ酸ミックス」
  • ②細胞間脂質の主成分「セラミドミックス」
  • ③コラーゲン同士を結びつける「マリンエラスチン」
  • ④コラーゲンヒアルロン酸の生産を促進する「コラーゲン・トリペプチド F」
  • 肌の健康を維持するミネラルが豊富な「ヒバマタ」
  • ⑥ビタミンCの働きを助ける「パンテチン」
  • ⑦保湿成分がヒアルロン酸に等しいといわれる「イシゲエキス」
  • ⑧毛穴ケアにも効果が期待できる「アーティチョークエキス」
  • 砂漠の中でも花を咲かす水分保持力をもつ「ミロタムヌス」

といった魅力的な保湿成分がたっぷりと詰め込まれています。

ここまで保湿成分が豊富だと一度使ってみたくなりませんか♪

まとめ

いかがでしたか?

毛穴トラブルを改善していくためには、部分的なアプローチではなく健やかな肌へ導くアプローチが必要であると感じてきませんか?

ブライトエイジ(BRIGHTAGE)では、毛穴トラブルに限らず多くの方が悩むシミ・シワといった肌トラブルの改善にも効果的です。

ブライトエイジ(BRIGHTAGE)についてもっと知りたい!という方は、ぜひ公式サイトを覗いてみてくださいね。