敏感肌の人にとって基礎化粧品を選ぶ際は含まれる成分等がとても気になりますよね。

どんなによい基礎化粧品でも、肌への刺激が強い成分を含んでいれば肌質を悪化させてしまう恐れもあります。

そこで、ブライトエイジ(BRIGHTAGE)は「敏感肌の人にも優しいのか」そんな疑問を解決するべく、公式サイトに掲載されている情報をもとにまとめてみました。

ブライトエイジ(BRIGHTAGE)は敏感肌の人でも安心して使えるのか

そもそも敏感肌とは、どんな肌質のことをいうのでしょうか。

敏感肌とは、化粧品等に含まれるわずかなアルコールに反応してしまったり、乾燥によってバリア機能が低下し外からの刺激を受けやすくなってしまう状態のことを言います。

ちなみに、医学的に敏感肌と呼ばれる症状はなく、病院へ診察しに行っても「あなたは敏感肌ですね」と診断されることは滅多にないんだそうです。

引用元:http://hadaare-keshohin.com/siwatarumi.html

ですが、多くの方が敏感肌に悩まれていることは事実であり世の中には敏感肌用と記載された化粧品も多く販売されています。

そこで、ブライトエイジ(BRIGHTAGE)は多くの方悩む敏感肌に優しい作りになっているのでしょうか。

ブライトエイジ(BRIGHTAGE)が敏感肌に優しい5つの特徴

ブライトエイジ(BRIGHTAGE)では肌への刺激を最小限に抑えるため、以下の5つにこだわって製造されています。

敏感肌用と記載されてはいませんが、少しでも敏感肌の人に優しい作りになっているのではないでしょうか?

そんな、ブライトエイジ(BRIGHTAGE)のこだわりについてご紹介していきます。

■①水は「超純水」を使用して徹底的にこだわっている

第一三共ヘルスケアでは、水に強いこだわりをもってブライトエイジ(BRIGHTAGE)を製造しています。

そんな第一三共ヘルスケアがブライトエイジ(BRIGHTAGE)に使用した水は、不純物を限りなく排除した超純水になります。

この超純水を使用することによって、美容成分が水に溶け込みやすくなり肌への刺激を抑えながら効率よく吸収させていいくことができます。

引用元:https://matome.naver.jp/odai/2138210562940488501

そんな、超純水を作り上げるために第一三共ヘルスケアがではマイクロフィルターに通した後、さらに7ナノメートルの隙間しかないウルトラフィルターを使用して入念にろ過しています。

ろ過された超純水は、医療現場で使用される注射液に相当するレベルなんだとか!

そんな超純水を使用して作られたブライトエイジ(BRIGHTAGE)は、無駄な成分を取り込まない優しい低刺激な基礎化粧品なのではないでしょうか。

■②合成香料・合成着色料は使用していない無添加製品である

ブライトエイジ(BRIGHTAGE)では、合成香料・合成着色料と呼ばれる成分を配合していません。

ちなみに、この合成香料・合成着色料とは自然では生み出せない香りや色を人工的な力を使って生み出したものになります。

そのため、敏感肌の人にとっては刺激が強く肌になんらかの症状が現れやすい成分として多くの方にも知られています。

■③エタノールを使用していない無添加製品である

ブライトエイジ(BRIGHTAGE)では、アルコール成分に分類されるエタノール配合していません。

このエタノールは、化粧品の品質を維持するために使用されることが多く、揮発性が高いエタノールは乾燥肌敏感肌の人が使用するとひりひりとした痛みを感じる場合があります。

ですが、ブライトエイジ(BRIGHTAGE)ではエタノールが配合されていないため、敏感肌の人も安心して使用することができるのではないでしょうか。

■④アレルギーテストを実施している

ブライトエイジ(BRIGHTAGE)では、アレルギーテストを実施しています。

ブライトエイジ(BRIGHTAGE)に限らず、さまざまな商品でアレルギーテスト済みといった表示を目にしますよね。

このアレルギーテスト済みとは一体なんのことなのでしょうか。

引用元:http://nikibinaos.com/ninkisengan

調べてみると「RIPTという累積刺激及び感作試験」というフレーズがヒットしました。

RIPTという累積刺激及び感作試験とは、50人以上被験者6週間かけ、該当する商品を使用して24時間パッチテスト行い、アレルギー反応があるかどうかを調べるといった方法になります。

ただ、この50人以上の被験者にアレルギー反応が見られなくても実際に購入して使用した方にアレルギー反応がでる恐れがあります。

そのため、アレルギーテスト済みという表示はあくまでもの目安であることを理解しておくことが大切です。

ちなみに、アレルギーテスト済みと書かれた商品のほとんどに「すべての人にアレルギー反応が起きないというわけではありません」といった内容の注意書きが書かれていますので、ふと思い出したときに確認してみてください♪

■⑤自然豊かな国内で生産されている

ブライトエイジ(BRIGHTAGE)は、完全国内製造・生産で販売されています。

さらに、ブライトエイジ(BRIGHTAGE)の指定工場は自然豊かな三重県伊勢市にあり、施設内は徹底した衛生管理が行われています。

そのため、どこで作られているのかわからない化粧品よりも安心して安全に使用していくことができます。

ブライトエイジ(BRIGHTAGE)に含まれる成分は?

続いて、ブライトエイジ(BRIGHTAGE)に含まれる成分に有害成分が配合されていないかチェックしてみました。

今回、成分情報をチェックするのに使用したのは「美肌マニア」というサイトです。

ここでご紹介する情報は、あくまでも目安であることをご了承ください。

そして、成分の検索をかけたものは含まれている成分量が多いものから順に表示しています。

また、含まれている成分量が少ない後半にあたる結果は画像に表示しきれていない部分があるため、注意してください。

ちなみに、有害成分が配合されている場合には各成分名の項目が赤または黄色といった色で表示されます。

■クリア ミルククレンジングの場合

ミルククレンジングの場合、含まれている量が多い成分に有害成分(色の変化)はありませんでした。

■クリア クリーミーウォッシュの場合

クリア クリーミーウォッシュの場合、含まれている量が多い成分に有害成分(色の変化)はありませんでした。

■リフトホワイト ローションの場合

リフトホワイト ローションの場合、含まれている量が多い成分に有害成分(色の変化)はありませんでした。

■リフトホワイトパーフェクションの場合

リフトホワイトパーフェクションの場合、含まれている量が多い成分に有害成分(色の変化)はありませんでした

人によって異なるが比較的に敏感肌にも優しい作りになっている

いかがでしたか?

ブライトエイジ(BRIGHTAGE)は、水や成分にこだわって作られているため比較的に肌への刺激が少ない基礎化粧品のように感じられます。

「必ずしも敏感肌に優しい基礎化粧品だ」とは言い切れませんが、医薬品を扱う第一三共ヘルスケアだからこそ得らる安心感というものもありますよね。

せひ、ご興味のある方はブライトエイジ(BRIGHTAGE)をご検討されてみてはいかがでしょうか。

購入場所や価格、クレンジングや洗顔などの各商品について詳しい情報が知りたい!という場合は、公式サイトにて最新情報を確認してみてください。

今なら、さまざまな特典がついたお買い得定期便コースでの販売が行われているのでお見逃しなく!